健康維持のために毎日続けている習慣

健康_1508758291-1024x682

便秘改善と野菜不足の解消に毎朝青汁を飲んでいます。

朝青汁を飲むことによって腸が動き出すのを感じます。

頑固な便秘でしたが2日に1回は出るようになりました。

飲み方ですが、冷たいものを飲むとすっきりしますが内臓を冷やしてしまいます。

せっかく体にいいものを取り入れても冷えてしまうと腸にダメージがいくので朝食を摂る前に作っておいて常温にしておくことをお勧めします。

最初は水で作っていたのですがより健康を意識して、ここ最近は豆乳で溶かした「豆乳青汁」にしています。

豆乳を使うことによってまろやかな舌触りとなり飲みやすくなるのがメリットです。

豆乳には女性ホルモンと似た成分があるので、生理不順だったのが規則正しくくるようになりました。

便秘改善と相乗効果で肌もきれいになったような気がします。

豆乳が苦手な方はカルシウムや葉酸が摂れる牛乳でもいいと思います。

青汁は苦い・不味いというイメージがありますが、最近の青汁は色々と改良されて飲みやすい味のものが多いです。

良薬口に苦しという言葉がありますが、不味いものを朝から飲むのはとても気が滅入ってしまい続けられません。

続けるコツは飲みやすいものを探すことだと思います。

いきなり大量購入すると口に合わなかった時が辛いのでまずは薬局や通販でサンプルをもらって試してみてください。

最近はこれに加え、ランペップという卵から抽出した成分が入っているサプリを飲んでいます。

レッドドラゴンという活力アップサプリですが、日々の元気の源になっている実感があります。

私はレッドドラゴンの効果について書かれている体験談を参考に購入しました。

旦那が一番最初に飲み始めて、調子が良かったので今では家族みんなで飲んでいます。