エレベターボタンの押し間違いをキャンセルして回避する裏ワザ

急いでエレベーターに乗り込んで階数ボタンを押すと、結構な確率で間違えてしまうのは誰にでもあることだと思います。

一人で乗っている分には恥ずかしくないし、誰にも迷惑をかけないのでいいんですが、もし複数の人が一緒にいる場合にはかなり気まずいですよね。

でも、実は間違えて押してしまった場合でもなかったことにできる隠しコマンドがあることをご存知だったでしょうか?

sdasf

エレベターボタンの押し間違いをキャンセルする裏ワザ

 

各メーカーによって方法は多少変わってくるんですが、大体の場合は2パターンが多いです。

 

一つは目的の階数ボタンを2回連続で押す方法。

そしてもう一つが押し間違えたボタンを長押しするやり方。

 

特に三菱や東芝などの日本メーカーが製造したエレベーターであれば、この二通りの裏ワザで階数指定を簡単にリセットすることができます。

何事もなかったかのように処理して目的の階へスムーズに行くことが可能になるわけです。

そういうことができれば、間違えたことを踏み台にして逆にカッコよく去っていくこともできますので、ぜひお試しください(笑)

 

ただ、中にはフジテック製のように5回連打をしてやっとキャンセルできるものもあったりします。

他にも【開く】を押しながらの階数ボタン連続押しを要求するものであったり、一番面倒くさいものでは最上階から地下まで順にすべてのボタンを押す必要のあるエレベーターもあることも知っておいてください。

基本的には最初に挙げた二つの方法で問題ないので、よく利用するエレベータで一人の時に確認してみるとよいかもしれません。

コメントを残す